不倫行為の慰謝料

慰謝料不倫をされた場合にどのくらいの慰謝料を請求できるのでしょうか。その額としては一般的な相場が100万円から300万円程度とされています。ただし、それぞれの事情によって額は異なります。これは慰謝料というのが精神的なダメージに対して支払われるものだからです。そのため、別居や離婚をすることになったならば、慰謝料は大きくなります。逆に元々夫婦関係が冷えきっていて、すでに別居していたような状況であれば慰謝料は低くなるでしょう。

慰謝料については過去の判例を参考にしながら決めることになります。もちろん、当事者がそれぞれ合意したならば、相場から大きく異なる額の慰謝料に決定することもあるのですが基本的には相場通りの金額となることが多いです。最終的に本人達の話し合いでは決まらないときには裁判所の判断に任せることになります。その際には過去の判例が最も重視されます。

交際期間が長かったり、性行為の回数が多かったりすればそれだけ慰謝料が高くなりやすいです。夫婦に子供がいたり、結婚生活が長かった場合にも慰謝料は高くなるでしょう。浮気相手の社会的地位が高い場合にも慰謝料は高くなります。ただし、基本的には上限は300万円程度となっています。

 

不貞行為とは

不倫とは不貞行為と呼ばれることもあります。それでは不貞行為とはそもそもどういう行為のことなのでしょうか。

貞操義務まず、夫婦には貞操義務というものがあります。これは配偶者以外の人と性的関係を持ってはいけないという決まりです。そのため、この貞操義務を違反するような行為のことを不貞行為というのです。不貞行為というのは離婚原因となります。そのため、不倫行為をされた側は裁判において離婚請求をすることができます。また、不倫をした側には慰謝料を支払う義務が発生します。また、不倫行為をした相手についても、それが故意や過失であると分かれば不法行為が成立するため、慰謝料を支払わなければいけないのです。

基本的に不貞行為というのは性行為の有無が基準となっています。これは金銭を支払った結果として行われたものや、合意のない性行為も含まれます。また、性行為をしていなかったとしても、不貞行為とみなされるケースもあります。

不貞行為をすれば絶対に離婚することになるわけではありません。たとえば、その回数が一度きりであり、本人がしっかりと反省している場合や、夫婦に子供がいる場合には離婚が認められないこともあるのです。さまざまな事情や状況が考慮されるのです。

不倫による慰謝料

最近は不倫や不貞行為が話題になることが増えています。芸能人が不倫をしてニュースになるということがたくさんあります。身近な人達が不倫をしているというケースもあるでしょう。そのためけっして他人事ではなくて、自分が不倫されてしまうというケースも絶対にないとは言い切れません。そのため、不倫や不貞行為についてはしっかりと知識を持っておくべきでしょう。

慰謝料もし不倫や不貞行為をされてしまった場合はその精神的なダメージに対して慰謝料を請求することができます。慰謝料をもらうことによって、精神的なダメージが軽減されるわけではないでしょうが、このような権利があるならばしっかりと行使したいと考えている方は多いでしょう。実際に多くの方が不倫や不貞行為をきっかけとして慰謝料を請求しているのです。その際には弁護士を利用している方もたくさんいます。そうすることによって、自分が満足できる金額の慰謝料を受け取ることができるのです。

それでは不倫や不貞行為について、実際にどのくらいの慰謝料をもらうことができるのでしょうか。芸能人が不倫されて慰謝料を請求することがニュースで話題になるケースはよくあるのですが、その数字が一般の人達にも当てはまるのか疑問に思っている方は多いでしょう。果たしてどのくらいの慰謝料を請求することができるのか、そもそもどのような行為に慰謝料が発生するのかについて解説しましょう。分かりやすく説明するため、ぜひとも参考にしてください。